carport2017の調べてみた使ってみた

生活や車の洗車道具などに関わる記事をアップしていきたいと思います。

タグ:GT7

はじめに言いますが、私は3台続けてスバル社の車を購入していますが、いわゆるスバルの魅力にどっぷり浸かったスバリストではないです。 また、車は好きですが、車はあくまでも生活の道具であって、無理をしてまでも分不相応な値段の車を買うタイプでもありません。(自分ではそのつもり) 

そんなごく普通な消費者であるcarport2017が、スバル車を3台続けて購入するに至った理由を考えてみました。


スバル車1台目 インプレッサスポーツワゴン

carport2017が初めてスバル車を購入したのは、かれこれ18年ぐらい前のインプレッサスポーツワゴンでした。当時、スバルはちょっと変わった趣向の人が乗る車という印象があったと思います。

ただ、私がスバルに興味を持ったきっかけは、大学時代に同じ大学に通うお金持ちのご子息達がやたらとレガシィに乗ってまして、それでレガシィに憧れを抱いたのがはじまりです。

じゃあなぜ初めてのスバル車としてレガシィではなく、インプレッサを購入したのかといいますと、それは単純に経済的な理由です。レガシィはまだ社会人3年目の私には高嶺の花だったのです。

ただ、自分の性格上、初めからインプレッサに決めることはせずに、それなりに雑誌のレビューを読んだり、各社の車のカタログを取り寄せて性能と価格を照らしあわせたりしたはずです。
でも結局のところの決め手は、スバルのディーラーの営業さんの感じが凄く良かったことだったような記憶があります。
あと、当時は今ほどスバルは流行っていなかったことと、carport2017の血液型がBであることが影響したのも間違いないでしょう。

SCN_0001 copy
↑当時のカタログより。carport2017のインプレッサは白色でした。

インプレッサですが、1.5リッターのI's  sport というタイプでした。スポーツワゴンの中では下から2番目のグレードです。2WDでした。ちなみに当時はスバルといえば4WDなんて全然知りませんでした。

特徴は大型のルーフスポイラーやMOMO製本皮巻ステアリングとかですかね。タイヤ14インチですよ。上級グレードでも15インチ。 現行のインプレッサは17インチとか18インチなのでえらい違いです。
carport2017にとっては2台目の車ではありましたが、新車を購入した初めての車でした。1.5リッターなのでパワーはなかったですが、若い夫婦&乳幼児が活動するにはちょうど良いサイズで、なかなか使い勝手の良い車でした。また、色々な場所に連れて行ってくれてたくさんの思い出を残してくれました。
ちなみに、今でこそスバルは4WDとは言わすにAWDって言葉を使ってますが、当時は普通に4WDって使っていたんですねぇ。 

スバル車2台目 レガシィアウトバック

で、次の車はレガシィアウトバックです。BP9ですね。ついこないだまで乗ってました。11万キロ以上乗りました。
CIMG0889 copy

乗り換えのきっかけは、長男が幼児になって我が家の遊びもキャンプ🏕だのスキー⛷だのになって、もう少し大きい車が欲しくなったことです。
BP9はですね、完全に一目惚れです。少し背が高くアウトドアなのに都会も似合うというスタイルに、超痺れたわけです。
価格はそれなりにしましたので、ディーラー試乗車上がりの少しお手頃価格になったものを探して購入しました。
因みにノアやセレナといったいわゆるワンボックスファミリーカー推しの妻からは、「無駄にでかい癖に人は5人迄しか乗れない」とか、「おっさんが乗る車だろ」とかで大いに非難され続けました。
carport2017はそんな妻からの容赦ない非難(まあ正論)に心をえぐられながらも、素晴らしいカーライフを送ることができたのでした。
実際の所、素晴らしい車でした。本当に大抵のところなら躊躇無く行けます。川辺のキャンプ場だとか、ぬかるんだ道だとかも高い車高と4WD(スバルなんでAWDというべきなんですかね)でお気楽です。
また、勾配の強い山道なんかも2.5リッターのエンジンでグイグイ進みます。
まさにグランドツアラーって感じの車でした。
アウトドアな車なんですけど、ボンネットのなんと呼んで良いのか知りませんが山形の出っ張り?とかが、なんだかエレガントで、都会を走ってもまた絵になるんですよね。
まあ難点といえば、当時のスバル車は後部座席の座りごごちがあまり良くなかったように思います。運転席や助手席はホールド感を感じられる形状で、座り心地も悪くなかったのに対して、後部座席はのペーっとした形状でホールド感もなく、シートも硬く、前席に比べてはるかに乗り心地は劣ります。
 
ただ、そんな欠点をものともしないだけの素晴い車でした。あまり街で同じ車に出くわさないのも、ちょっとした特別感があって良かったです。
このスタイルのまま、SGPベースで最新のアイサイトなどが付いた車があれば、是非購入したいです。
アウトバックよ、本当にありがとう。  

スバル車3台目 インプレッサスポーツ

IMG

2017年6月に乗り換えた3台目のスバル車は、ぐるっと回ってまたインプレッサです。
今回、車を選定するにあたって重視したことは第1に安全性、第2にサイズでした。
近年技術の進歩により安全技術は飛躍的に向上しています。carport2017は運転は好きですが、常々運転は怖いと思っていますので、出来るだけ事故を予防できる安全な車にしたかったということ。
また、普段から妻がメインで使うため、BP9より大きくない事が必要でした。
候補は色々ありましたが、上記基準で選んで行くと、レヴォーグ、フォレスター、マツダのアクセラに絞られました。
どの車も良くて非常に悩みましたが、結局SGPで生まれ変わったインプレッサの走りや、最新のアイサイトを搭載している先進性と安全性に他にはない魅力を感じインプレッサを選びました。
もちろん値引きを含めた価格とのバランスや営業さんとの相性も含め、納得しての購入でした。

今月レヴォーグにアイサイト・ツーリングアシストが装備される事が発表されました。低速時でも自動追従が出来るようになったり、またカメラを利用したバックミラーなど、インプレッサよりも更に進歩した先進技術を搭載してますね。
レヴォーグには追い抜かれてしまいましたが、ここらへんの技術はまさに日進月歩ですので仕方が無いですね。
それでもリヤビークルディテクションのドアミラーのインジケータはインプレッサの方が気がつきやすい仕組みになっていてこの機能に関してはまだインプレッサにアドバンテージがあるように感じます。あぁでもバックミラー良いな〜。

因みにインプレッサの購入契約をした後で、この車でも良かったと思う車に出会いました。WRX S4です。ちょっと我が家の傾向と違いすぎて、思いもつきませんでしたが、運転してみると、乗って見るとスポーティーなだけではなく、上質な乗り心地でとても好印象でした。もしかしたら次の車はS4にするかもしれません。

結論

結論としまして、私がスバル車を選んできた理由ほ、その時々のタイミングで私の要求と合致した車(あるいは営業さん)がたまたまスバルだったという事ですね。

とはいうものの、スバルの車作りに対する姿勢に少なからず共感を持っている私がいるのも事実です。
車って色んな場所に人や物を運んでくれる素晴らしい道具ですが、安全である事が先ず前提だと思います。安全性を求めると運転席からの見晴らしは良く無いといけません。出来るだけ死角は少ない方が良いですし、Aピラー周りも向こう側が見える方が良いですね。また、安全性を求めると意のままに操れるような運転のし易さを追求する事に繋がりますし、そうなると結果的に運転の楽しさに繋がります。
そういう私の車に対する要求をスバル車は応えてくれるんですよね。
 
グローバル経済の中で生き残って行くためには、日本人だけを対象とした車の開発はもう出来ませんから、スバル車も内装などは少しづつ良くなってきました。それでも、新型のインプレッサに乗ってみて思うのは、スバルのお金のかけるところの順序は昔と変わっていないなぁということ。
燃費性能や内装や見た目の格好の良さが一番では無い(いや、格好が悪いといっているわけではございません)んですよね。
生き残りの為に選択していった結果かもしれませんが、そういう昔から変わらない哲学と言って良いのか、物作りの姿勢みたいなものに、親近感を抱くことを禁じ得ないのです。

ついでにいいますと、スバルの営業所って結構好きです。営業さんも車好きが多いですし、何よりスバル車に誇りを持って販売している姿勢も共感が持てます。メカニックの人達も真面目で可愛い子が多いですしね。

以上、車をよくわかっていない一般消費者が、なぜスバル車を選んだのかでした。

インプレッサのアイサイトは レヴォーグ(およびWRX)と同じver.3 ですが、主にアドバンストセイフティーパッケージの中身に違いがあります。carport2017はレヴォーグと同じアイサイトを搭載しているWRXを2週間ほどお借りしていた期間がありましたので、両者の機能を比較して見たいと思います。

レヴォーグのみの機能 

  • 自動防眩ルームミラー・・・後方の車のヘッドランプの眩しさを軽減する仕組みです。高速道路などで走行中に、後方の車のヘッドライトがやたらと眩しい時がありますので、そんなときはこれがあると、運転に集中できて良いですね。
  • サイドビューモニター・・・左サイドミラーについているカメラが車体左前方の映像をMFDに映し出すことで、車体左側と付近の物との距離を確認することができ接触の予防となります。リアカメラの左サイド版ですね。これがあると路肩駐車時の幅寄せの時にホイールをガリっとせずに済みます。また、狭い道で対向車とすれ違うときなどでも相手の車との距離感がつかめて良いですね。  
  • アイサイトアシストモニター・・・アイサイトと連動した表示(例えばふらつき注意だったら黄色、衝突注意だった赤色など)をLEDによってフロントガラスに影し、アイサイトの作動状況や各種警報を直感的に確認することができます。この機能は無くても問題はないでしょうが、あるとアイサイトがちゃんと働いていることを確認することができて安心感が増すような気がします。

レヴォーグ&インプレッサ 共有の機能

  • スバルリヤビークルディテクション・・・車体後部のセンサーによって、自社からは見えにくい後方側から接近する車両を検知します。ドアミラー内側のインジケーターや警報音でドライバーに注意を促します。
    これ、レヴォーグとインプレッサでは基本的には同じ機能なのですが、サイドミラーインジケーター部分の仕様変更により、インプレッサの方が格段に気がつきやすい仕組みになっていてインプレッサの方が大きくアドバンテージがあるように感じます。 advancedsafety_img_box01_mainpict
    ↑これはレヴォーグのインジケーターです。サイドミラーの端っこにオレンジ色のマークが点滅して知らせます。小さすぎて、ちゃんと首を振らないと気がつきません。 IMG_4029
    ↑これがインプレッサのインジケーターです。大きく目立ちますし位置が内側なので首を振らずとも自然視界に入ります。

    スバルリヤビークルディテクションには後退するときの安全性能もついています。バックで駐車するときに、後方に自転車は他の車が通ると警戒音を鳴らして教えくれるので、とても安心です。
  • ハイビームアシスト・・・前方の光を検知し、状況に応じてハイビームとロービームを自動的に切り替えてくれます。ただし、初期設定でフロントライトのスイッチをAUTOに合わせてからスイッと奥側に倒してハイビームにしておかないと、ずっとロービームのままで自動にハイビームには切り替わらないので注意です。
  • ステアリング連動ヘッドランプ・・・ステアリングの操作に連動して、曲がる向きの先を照射してくれます。まだ経験していませんが、カーブの多い山道を夜間に走行する時などに安全面を大きく向上させてくれるのではないでしょうか?
    ちなみに、安全面とは全く関係ありませんが、夜間にフロントライトのスイッチをAUTOにしている状態でエンジンを入れると、ヘッドランプが自動で調整するような動きがあるのですが、これがちょっとカッコ良くて気にいっています。

総括

レヴォーグのみあるサイドビューモニターは便利ですね。

一方でスバルリヤビークルディテクションは技術的には小さな進歩なのでしょうが、運転手にとっては安全サポートの大幅アップです。

2016年新型インプレッサのアイサイトの方がレヴォーグよりも後発なので、同じ機能であればインプレッサの方が良いですが、サイドビューモニターなどインプレッサには無い機能は捨てがたいですね。
とちらにしても、安全性を重視する人にはアドバンストセイフティーパックはぜひ選択したいオプションだと思います。
ちなみにcarport2017はインプレッサを購入時に、スバルリヤビークルディテクションのインジケーターの見易さをとても重視しました。

今月、レヴォーグとWRX S4のアイサイトがバージョンアップされるようですね。インプレッサやXVを超えてくるは間違いないですが、どのように進化するのか、とても楽しみですね。

(6月19日追記)
アイサイト・ツーリングアシスト という機能が発表されました。アイサイト4ではなかったですね。

0km/h~約120km/hの幅広い車速域*1 で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシスト。
区画線と先行車の両方を認識することで、渋滞から高速巡航まで、さまざまなシーンで運転負荷を大幅に軽減します。 

だそうです。詳細はわかりませんが、渋滞時などのアクティブクルーズコントロールに対応しているっぽく、追従先の車の再スタートに合わせて勝手に自社も再スタートができるようです。以前までのアイサイトは車が一旦停止すると、再始動させるのにアクセルペダルを踏むなどの対応が必要だったので、渋滞時の対応が完全にストレスフリーになりますね。

あと、 アドバンストセイフティーパック の名称も アイサイトセイフティプラス に変わっていて、従来の機能に加えて、なんとリヤゲートガラスの内側についているカメラ映像をバックミラーに映し出すこともできるようで、後方視界を大幅に拡大された状態が確認することができるようです。

アイサイト、どんどん進化していきますね! 

↓スバルホームページでの説明
リヤゲートガラスの内側に取り付けられたカメラの映像を、ルームミラーに表示。乗員や荷物で後方視界が遮られてしまう時や、夕方や夜間・悪天候などで後方が見えにくくなる場合でも、安全な後方確認をサポートします。

5

新型インプレッサ

IMG
carport2017は今月レガシィアウトバックBP9から新型インプレッサに乗り換えました。
乗り換えて良かったことや悪かったことをレポートします。 

下取り前日のBP9です。都会でもアウトドアでも似合う車でした。
IMG_3796
まだまだ乗りたい車でしたが、諸事情により買い替えを決断しました。

買い替えにあたり最も重視したのは安全性。あと、普段は妻が運転するので、車の大きさはBP9程度までという制約で探しました。当然金額は安いに越したことはないです。 

で、最後まで候補に残ったのは、新型インプレッサとレヴォーグ、予防安全性能アセスメントでインプレッサを上回る評価をあげたアクセラ15XD Proactive

レヴォーグは迷いました。パッケージとしてはレヴォーグの方がBP9と同じ使い方ができますし、値引後の価格がさほど変わりませんでしたら。でも営業さん曰く、SGPのおかげでインプレッサの方が良い車になっているということでした。また、アイサイトやアドバンストセイフティー機能とか、少しずつ最新のインプレッサの方が優れているのですよね。

アクセラ15XDも試乗しまして、ナビ連動型のヘッドアップディスプレイによる安全面への配慮と、ディーゼルエンジンの力強さに惹かれたのも確かなのですが、ネットでも話題のディーゼルの すす の問題が気になりやめました。

結局そんなこんなで、carport2017はインプレッサスポーツ2.0i-L アイサイト_AWD(CVT_2.0)を購入しました。

オプションは以下の通りです。
1)LEDヘッドランプ/SRH、クリバビューパック、アドバンストセイフティーパッケージ
2)パナナビ、リアビューカメラ、ETC2.01、ドライブレコーダー
3)新点検Pアイサイト車検5年

フロアマットとかいわゆるベースキットは高いのでつけませんでした。
ビルトインナビになるパナナビですが、やたらと価格が高いので有名ですが、このナビだけ8インチで位置が高く設定されています。他のメーカーのオプションナビは7インチで、位置が下がり、ナビとMFDの間にオーディオパネルが入るですよね。ネットの情報を咀嚼すると、車の設計上、8インチのナビは専用のビルトインナビしかつけられないためのようです。

今回のインプレッサでは、ナビの吹き出し口はセンタークラスターの両サイドに位置が変わりました。先代のインプレッサまでは、ナビの上にエアコン吹き出し口がついていたので、ナビとフロンドウィンドウの視線移動の間にエアコン吹き出し口という無駄な間がありましたが、今回のインプレッサからパナのビルトインナビに関しては、エアコン吹き出し口の位置の移動の恩恵を受けられることになるのです。

ナビが上にあるということは、それだけ運転中の視線移動が少なくてすみ、多少なりとも安全性は高まるだろうと考えました。
↓こんな感じで、ナビ>MFD>フロントガラス となります。
equipment_pict_accessories_01
ネットを見てますと、パナナビのナビとしての基本性能の低さが強調されているコメントが多いですが、そういう記事を読んで、少々躊躇したことは間違いないのですが、担当してくださった営業さんから、「やっぱり8インチって見やすいですよ」という一言で吹っ切れたのでした。

気がついたら、ナビの話が長くなってしまいましたが、ナビのレビューはまた別の機会にさせてもらいます。

乗り換えてみてどう感じたか? 良かった点

正直、carport2017は車に関してまったくのど素人なので、そのつもりで読んでいただけたら幸いです。

〜〜〜良かった点〜〜〜
・アイサイトで安全
 スバルといえばアイサイト、やっぱり今日本で最も進んでいる予防安全性能はアイサイトでしょう。今年、レヴォーグのマイナーチェンジでアイサイトもバージョンアップするそうですが、どんな性能になるのか楽しみですね。BP9はまだアイサイトが装備されていない時代のスバル車なので、アイサイトがついているという安心感は格別です。 

・静寂性
 11年前の車と比べること自体がナンセンスかもしれませんが、びっくりするぐらい静かですね。同乗者との会話もスムーズです。BP9より静かです。このクラスでこれぐらい静寂性があれば十分だと思います。 

・加速が必要ない時の乗りごごち
 運転していて、あれっと思う感覚がほとんどないです。乗り換え前のBP9は1年ぐらい前から、真っ直ぐ走ってるかな?と思う時がありました。
 対してインプレッサは運転していて自分の感覚と違和感がありません。表現が正しいかわからないですが、上質な乗り味なんですね。 

・シートの後部座席の座りごごち
 もうこれは明らかによくなりました。昔のスバルの後部座席はシートが固いため、座りごごちはすごい悪かったので。 

・いろいろな自動化
 ライトの自動灯火や自動ワイパーとか。便利ですね。最近の車のトンネルに入った時に勝手に点灯する機能とかが正直少し羨ましかったので、こういう便利な機能を使えて嬉しいです。

乗り換えてみてどう感じたか? 残念な点     

・高級感が足りない
 やっぱりですね、いくら質感が上がったといっても、残念な部分はあります。電動パーキングブレーキ周りの樹脂なんかがいかにも安っぽいです。あと、後部座席のシート横の樹脂、シートベルトの金具が当たってすぐ傷がつきました。MFDのカバーもそうですね。あと、ステアリングを握った感覚もさらっとしすぎで手に馴染みません。また、ステアリングについているボタンも安いプラスチックで質感が低いですね。

equipment_pict_9

・排気量が足りない
 単純に2.5リットルのBP9と比べるのがおかしいですね。でも、加速はスムーズです。


結局のところ

外から見て、「おれの車カッコ良いな〜」と思えるのはやっぱりBP9ですね。 
でも、 インプレッサも決して悪くはないと思います。 
あと10万円〜20万円原価を高くして作ったら、俄然高級感は出せるのでしょうけれども、それだと、乗り味だけでなく、質感でも今のレガシィと完全にバッティングしてしまうのでしょう。なので、ここはあえてチープさを残しているのだと思います。そもそも高級感を求めるならば初めからインプレッサを候補にしてはいけないと思います。
総論としては、ひと昔前のインプレッサと比べると比較にならないほど上質なインプレッサになったとおもいます。 乗り心地もBP9よりも上質に感じます。
今回も先代の愛車のように長く付き合えるよう、大切に乗っていきたいです。

↑このページのトップヘ