carport2017の調べてみた使ってみた

生活や車の洗車道具などに関わる記事をアップしていきたいと思います。

カテゴリ: 洗車グッズ


バリヤスコートを新車購入後から1年にわたり、一月あたり2回以上使用し、2本目に突入しましたので、総括のレビューを投稿します。
といってもちゃんと計測したわけではないので、あくまでもcarport2017の感覚ベースです。



前提条件

carport2017の車は24時間青空駐車です。
したがって、施工した翌日に雨に降られた時もありますし、真夏の日差しも直接当たる条件下です。



撥水効果

撥水効果は、季節や天気の影響に左右されました。また、ボディーの部位によっても異なりました。

1本目は6月初旬から使い始めて使い切ったのは2月ですが、雨の多い季節、霜が降りる冬は撥水効果の持続時間が短い気がします。
また、雨に降られたり夜露や霜が付くような季節では、ボンネットやルーフはすぐコーティングが剥がれてしまうのか撥水効果は2週間持ちません。
ただ、じゃあコーティングが全て剥がれてしまっているのかというと微妙です。なんとなく親水っぽくなっている気がしていて、ネットで検索していたら、「メーカーの人の説明でははじめはポリマーの効果で撥水するけど、ポリマーが剥がれて徐々に親水になる」というようなことが書いてあるブログを発見。
自分の感覚と一致していて良かったです。

実際、撥水効果はイオンデポジットの原因にもなるので、撥水が良すぎるのもどうなんでしょうね。

一方で、サイドやリアの撥水効果は長く持ちます。少なくとも2週間以上は持ちます。1ヶ月以上は持つのではないかと思います。

また、切削型のホイールとは相性抜群です。ヌルヌルした光沢感が持続して得られます。


汚れの取りやすさ

コーティングの効果として、洗車時のボディー汚れの取り易さがありますが、バリヤスコートではどうだったでしょうか。

他のコーティング剤と比べて見ないとわかりませんが、正直微妙です。シャンプー洗車だけでは汚れは取れません。バリアスコートで汚れを取っている感じです。実際、バリアスコートに付属している青いクロスは数回使うと汚れで黒ずみます。


結論

洗車時の仕上げに使う汚れ落とし兼コーティング剤としてワックスよりも使いやすい製品で、比較的コストパフォーマンスに優れている。



バリアスコートを使い始めて4ヶ月たちましたので、改めてレビューを投稿します。

6月初旬に車を買い替えと同時に使い始めたバリアスコートですが、既に10回は使ってます。

メーカーは6ヶ月の効果と謳ってますが、私は1ヶ月も我慢出来ずに、ほぼ洗車の度に使ってます。なので、おおよそ2週間おきに使ってる感じですね。


洗車の度にバリアスコート

バリアスコートを洗車の度に使う様になった理由は、
まず、シャンプーでは落としきれない汚れのクリーナーとして優秀だからです。

次に塗布のしやすさですね。
そして、最後にコストパフォーマンスの良さですかね。

いくらコーティングしても、ガレージに入れっぱなしにしない限りは、車は必ず汚れます
雨が降って、風が吹けば砂や埃はボディに付きます。
毎日街中を走らせれば、虫や鉄粉もこびり付きます。
青空駐車してたら鳥の糞も付きます。
まぁどうしたって汚れるんですよ。

で、よく水で砂やほこりを落とした後シャンプーで洗車もするんですけど、汚れが完璧に取れるかというと、そうでも無かったりします。
そんな時、砂を幾らか含んだでしまったスポンジでゴシゴシしても、汚れはなかなか取れないし、ボディーに傷はついてしまうしとお勧めできません。

て、バリアスコートですが、コーティングしながらしつこい汚れも落としてくれるのです。そして、ここも何気に大切なポイントなんですが、水滴が残ったまま使えるのですよね。

なので、シャンプー洗いをしたら軽く水をタオルで拭き取って、最後はバリアスコートを塗布しながら、残った水滴と汚れを拭き取って洗車を終わらせる事ができるのです。

ワックスとの違いは、水をちゃんと拭き取る必要がない事と、塗布と拭き取りを同時にできる事です。なのでワックスよりも手間暇かけずにワックスと同じ効果を得る事ができるのです。


ホイールにも使える

あと、ホイールにもにも使えるので、専用のコーティングを買う必要が無くお金の節約になります。

ホイールは大変汚れがつきやすいのですが、バリアスコートのコーティングのおかげで簡単に汚れが取れますので、おかげでインプレッサGT7純正のアルミホイールはいつもピカピカです。


窓にも使えますが・・・

窓にも使えまが、注意が必要です。
箱の説明にも書いてありますが、フロントウィンドウには塗布しないでください。

carport2017は試しに塗布してみましたが、まずワイパーのビビリ音がでてしまいます。ただ、これは1〜2週間使っていたらさほど気にならなレベルにはおさまります。

それよりも問題なのは、ワイパーのワイプにより、一瞬薄い透明の膜がはられたようになり、視界が悪くなることです。さらに、夜間に使うと対向車線のヘッドライトにコーティングが照らされるのか、ヘッドライトがとても眩しく感じられます。
なので、フロントウィンドウには塗布しないでください。


艶効果はそんなに・・

良い事ばかり書きましたが、少し期待外れな点は、さほど艶は増さないという事でしょうか。
そもそもcarport2017のインプレッサはパールホワイトなので、艶効果はわかりづらいのですが、塗布後にオォっと感じる程の艶はでません。
もちろんピカピカにはなりますので、未だにほとんど新車の輝きは維持できてはおります。


重ね塗りの効果は感じられる

バリアスコートに代表されるガラス系のコーティング剤にお決まりの謳い文句に、重ね塗りする度にコーティング効果は増すというのがあります。

carport2017は2週間ごとに使ってますので、前回塗布したコーティングの効果が無くなる前に塗布している事になっているのですが、確かに洗車時の汚れの落ち易さや、洗車後の輝きなんかは以前よりも増してきた様な気がします。
でもまぁここらへんは人によって感じ方が様々でしょうから、気のせいかもしれません。


コストパフォーマンスは?

今まで10回程使って、三分の一以上は残っていると思います。
15回使えるとして、1本3,300程なので、1洗車あたり¥220です。うーん。どうでしょう。ちょっと高いかもしれませんね。
ただ、ホイールにも窓にも使えますので、色々買う事に比べれば割安感は感じられるかもしれません。
あと、私、洗車の度に使ってますが、2回に1回程度の使用にすれば、よりコストパフォーマンスの良さを感じられるのではないでしょうか。

総括 

欲をいえば、施工後にもう少しヌルヌル感が欲しいところではありますが、なんと言っても施工が楽です。
一本でほぼ全ての箇所のコーティングができる点もポイント高いです。
という事で、かなり満足しています。

4


プロスタッフ 強力油膜とりくもり止め

必ずしもこれが良いというわけではないですけど、運転中にフロントガラスが曇ることが多いので、思わずABで購入しました。泡タイプで、普通に塗布しやすいです。 

3
定番ですね。傷を付けずにダッシュボードの埃りを取り除きます。
360度毛がついているので、傷を付けずに埃を取り除くことができます。 
車のグローブボックスに入れておいて、気になった時にサッとひと撫でしています。 

因みに先日DAISOにいったら、似たような製品が売ってましたので、DAISOの物でも良いかもしれません。こんど試して見ますね。

3

ABで1618円で購入しましたが、今amazonで価格確認したら1064円でした。うっ、しまった。スマホ忘れて買物するとこうなりますね。

以前はスプレーの泡タイプのものを使ってました。スプレータイプは楽なんですけど、テカリが凄いのと、4回ぐらいで使い切ってしまうので、経済的では無い部分が不満でした。
このワックスは乳液タイプで付属のスポンジに適量を付けてタイヤに擦り込みます。
色は塗布した直後はテカリますが、暫くすると自然な艶になります。

スポンジですが、ハンドルが付いているため手を汚さずに済むのですが、こんなに分厚く広くても仕方がないかな。地面に擦りますし。

耐久性ですが、まあまあですね。スプレータイプとさして変わりません。
UV耐性のタイプも出ている様なので、次はそっちも試したいと思います。

 

↑このページのトップヘ