carport2017の調べてみた使ってみた

生活や車の洗車道具などに関わる記事をアップしていきたいと思います。

インプレッサのアイサイトは レヴォーグ(およびWRX)と同じver.3 ですが、主にアドバンストセイフティーパッケージの中身に違いがあります。carport2017はレヴォーグと同じアイサイトを搭載しているWRXを2週間ほどお借りしていた期間がありましたので、両者の機能を比較して見たいと思います。

レヴォーグのみの機能 

  • 自動防眩ルームミラー・・・後方の車のヘッドランプの眩しさを軽減する仕組みです。高速道路などで走行中に、後方の車のヘッドライトがやたらと眩しい時がありますので、そんなときはこれがあると、運転に集中できて良いですね。
  • サイドビューモニター・・・左サイドミラーについているカメラが車体左前方の映像をMFDに映し出すことで、車体左側と付近の物との距離を確認することができ接触の予防となります。リアカメラの左サイド版ですね。これがあると路肩駐車時の幅寄せの時にホイールをガリっとせずに済みます。また、狭い道で対向車とすれ違うときなどでも相手の車との距離感がつかめて良いですね。  
  • アイサイトアシストモニター・・・アイサイトと連動した表示(例えばふらつき注意だったら黄色、衝突注意だった赤色など)をLEDによってフロントガラスに影し、アイサイトの作動状況や各種警報を直感的に確認することができます。この機能は無くても問題はないでしょうが、あるとアイサイトがちゃんと働いていることを確認することができて安心感が増すような気がします。

レヴォーグ&インプレッサ 共有の機能

  • スバルリヤビークルディテクション・・・車体後部のセンサーによって、自社からは見えにくい後方側から接近する車両を検知します。ドアミラー内側のインジケーターや警報音でドライバーに注意を促します。
    これ、レヴォーグとインプレッサでは基本的には同じ機能なのですが、サイドミラーインジケーター部分の仕様変更により、インプレッサの方が格段に気がつきやすい仕組みになっていてインプレッサの方が大きくアドバンテージがあるように感じます。 advancedsafety_img_box01_mainpict
    ↑これはレヴォーグのインジケーターです。サイドミラーの端っこにオレンジ色のマークが点滅して知らせます。小さすぎて、ちゃんと首を振らないと気がつきません。 IMG_4029
    ↑これがインプレッサのインジケーターです。大きく目立ちますし位置が内側なので首を振らずとも自然視界に入ります。

    スバルリヤビークルディテクションには後退するときの安全性能もついています。バックで駐車するときに、後方に自転車は他の車が通ると警戒音を鳴らして教えくれるので、とても安心です。
  • ハイビームアシスト・・・前方の光を検知し、状況に応じてハイビームとロービームを自動的に切り替えてくれます。ただし、初期設定でフロントライトのスイッチをAUTOに合わせてからスイッと奥側に倒してハイビームにしておかないと、ずっとロービームのままで自動にハイビームには切り替わらないので注意です。
  • ステアリング連動ヘッドランプ・・・ステアリングの操作に連動して、曲がる向きの先を照射してくれます。まだ経験していませんが、カーブの多い山道を夜間に走行する時などに安全面を大きく向上させてくれるのではないでしょうか?
    ちなみに、安全面とは全く関係ありませんが、夜間にフロントライトのスイッチをAUTOにしている状態でエンジンを入れると、ヘッドランプが自動で調整するような動きがあるのですが、これがちょっとカッコ良くて気にいっています。

総括

レヴォーグのみあるサイドビューモニターは便利ですね。

一方でスバルリヤビークルディテクションは技術的には小さな進歩なのでしょうが、運転手にとっては安全サポートの大幅アップです。

2016年新型インプレッサのアイサイトの方がレヴォーグよりも後発なので、同じ機能であればインプレッサの方が良いですが、サイドビューモニターなどインプレッサには無い機能は捨てがたいですね。
とちらにしても、安全性を重視する人にはアドバンストセイフティーパックはぜひ選択したいオプションだと思います。
ちなみにcarport2017はインプレッサを購入時に、スバルリヤビークルディテクションのインジケーターの見易さをとても重視しました。

今月、レヴォーグとWRX S4のアイサイトがバージョンアップされるようですね。インプレッサやXVを超えてくるは間違いないですが、どのように進化するのか、とても楽しみですね。

(6月19日追記)
アイサイト・ツーリングアシスト という機能が発表されました。アイサイト4ではなかったですね。

0km/h~約120km/hの幅広い車速域*1 で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシスト。
区画線と先行車の両方を認識することで、渋滞から高速巡航まで、さまざまなシーンで運転負荷を大幅に軽減します。 

だそうです。詳細はわかりませんが、渋滞時などのアクティブクルーズコントロールに対応しているっぽく、追従先の車の再スタートに合わせて勝手に自社も再スタートができるようです。以前までのアイサイトは車が一旦停止すると、再始動させるのにアクセルペダルを踏むなどの対応が必要だったので、渋滞時の対応が完全にストレスフリーになりますね。

あと、 アドバンストセイフティーパック の名称も アイサイトセイフティプラス に変わっていて、従来の機能に加えて、なんとリヤゲートガラスの内側についているカメラ映像をバックミラーに映し出すこともできるようで、後方視界を大幅に拡大された状態が確認することができるようです。

アイサイト、どんどん進化していきますね! 

↓スバルホームページでの説明
リヤゲートガラスの内側に取り付けられたカメラの映像を、ルームミラーに表示。乗員や荷物で後方視界が遮られてしまう時や、夕方や夜間・悪天候などで後方が見えにくくなる場合でも、安全な後方確認をサポートします。

4
鉄粉取り剤です。
新車といえども鉄粉はついています。鉄粉取りには粘土がお勧めです。

液体の鉄粉除去剤は、あのもの凄いアンモニア臭の匂いに耐えられません。

carport2017は2種類購入しましたが、その内の一つです。

ソフト99(SOFT99) カークリーナー ねんど状クリーナー ミニ 100g 00238 
ソフト99(SOFT99) カークリーナー ねんど状クリーナー ミニ 100g 00238 [Automotive]

これはコンパウンドが入ってますので、新車購入時のコーティング前に使いました。

コーティング前の下地作りにもなりますし、鉄粉バシバシ採ります。 
練るのが少し大変なのはお約束ですけれども。 

コーティングを施工した車に使うとコーティングが剥がれてしまうので、使ってはいけません。

2

50mlの溶液と専門タオルのセットです。タオルはマイクロファイバーではなく、雑巾みたいな生地です。


タオルに溶液を適量染み込ませ、傷をゴシゴシします。
溶液は石油の匂いがします。

ドアの傷に施工してみます。

施工前

施工後











施工前の写真を撮った場所と時間が変わったので、分かり辛いかもしれませんが、だいぶ目立たなくなりました。


ここからは2017年7月22日更新分

コンソールボックスの後ろの傷などがかなり目立つ様になってきたので、久しぶりに使って見ましたのでレポートします。
今回は結構効果を感じる事が出来る結果となりました。

施工前

施工後

どうでしょう。まあまあ目立たない様になったと思います。

5
正直、購入には少し勇気がいりました。だってやっぱりお高いんですもの。
吸引力があるのは多種多用なメディアやユーチューバーが証明してくれているので、十分わかっていました。重いだとか、充電が3時間半かかるのに20分しか持たないとかの欠点も承知のうえでの購入です。


ダイソン最強 

選んだ理由ですが、子供が後部座席でお菓子等をよくこぼすので、手軽に掃除機をかけたいが、そのためにはコードレスがマストになる。となるとコードレスで吸引力が高く、かつ、アタッチメントが豊富なのはダイソンかなと。
しかも、ちょうどネットで安売り(22,000円ぐらい)しているので今が買いだということで、思い切って購入しました。 

感想ですが、これを持っていることで、子供達に汚されてもすぐにリカバリすることができるという安心感を得られたのでそれだけで満足ですが、実際に使って見てすごい能力に驚きました。

それは、排気された空気がめちゃ綺麗だということ!
チリ一つでてきません。

掃除しているそばからチリ舞い上がっていると、ちょっとイラっとしますよね。
ダイソンはそれがないです。
むしろ、一通りゴミをとったあと、車のドアを全部閉めてトリガーを引きっぱなしにしていると、車中にふわっと浮いているチリを集めたりもできます。 (あまり意味無いですが)



実は数週間前に、
ダイソン 布団クリーナー dyson v6 car + boat [ HH08 DC CB ]
ダイソン 布団クリーナー dyson v6 car + boat [ HH08 DC CB ]
これが同じぐらいの値段で売っていたんですよ。
延長ホースとシガーソケット用充電器の付属したやつです。(ただし、 trigger +には付属していた布団用アタッチメントはないです)
で、購入を検討していたら、突然ネット上で価格が高騰し、39,000円ぐらいになって、買えなくなってしまったという苦い経験をしていたことが、今回 trigger +の購入の動機の一つになったことは間違いありません。 



5
Can Do(キャンドゥ 100均 キャンデュのマイクロファイバーフェイスタオル



100均のキャンデュで思わず衝動買いしたタオル。これめっちゃふわふわです。
あとからネットで検索してみたら このタオルに夢中な女性が多いみたいです。
 当初はAMAZONやコストコなどの30枚ぐらいがセットになっはマイクロファイバータオルを買うつもりでしたが、正直使いきれんな〜と思っていたので、ちょうど良かったです。
水洗い後の拭き取りに使っています。吸収もよいでさし、何より柔らかいのでこれならば洗車キズも防げそうです。

家族にフェイスタオルと間違えられたので、くるまよう と書きました。

↑このページのトップヘ